2015年09月01日

サポートロッドについて〜

mattweb新商品

サポートロッドですが・・・

20120109171312377.jpg
こういう感じで使います^^

内装の仮止め、補助
工場でのエアー配管を固定する時のサポート

DIYから本職さんまで^^

用途は様々だと思いますが〜


さて
似たような商品は今まであったかと思います。

私も良く見かけていました。

では何故仕入れたのでしょう?


他社つっかえ棒 (6).jpg
こんな感じでホームセンターなどに置いてあります。

あ、ちなみに決して他社商品の悪口ではございません(-_-;)
とりあえず、どう違うのか?と言う事をご紹介。

他社つっかえ棒 (1).jpg
こういうもので

とても似ていますが・・・
そうなるとちょっとお値段も違うしねぇ(^_^;)
こちらの方が良い!!


となりますが

つっかえ棒!!と言うこと以外は全く異なりますよ^^


他社つっかえ棒 (4).jpg
こうなっていまして
ロックを外し(スライドです)

他社つっかえ棒 (3).jpg
押すと、ロック解除

他社つっかえ棒 (5).jpg
この状態で解除です。
そのまま伸ばしていき離すとロック



そういう商品です。
なので全く違いますよ〜


サポートロッド (4).JPG
mattwebのサポートロッドは〜
ラチェット式なので・・・

サポートロッド (6).JPG
ロック解除して〜

ロッドをある程度伸ばし(ストンと落ちたりしませんので!)

サポートロッド (5).JPG
ガチャガチャすると伸びて行き突っ張れる

サポートロッド (9).JPG
この辺は同じだと思うけど、足はゴム板になっており
ネジ式になってて微調整は回せば・・・

サポートロッド (8).JPG
この様なゴム板

サポートロッド (2).JPG
こんな感じで突っ張ります。

サポートロッド (1).JPG
一番短い状態で1600mmですので
車の荷台には少し長いですが・・・

トラック荷台や店舗天井等の長さを考えると2.4mは欲しい所

これは最長2896mmありますので!!

良いかと思います。



と言う事で、良く見かける突っ張り棒とは少し構造が異なります。
ロッドも厚めのスチールパイプでその分重いですが、丈夫です。


どちらを選ぶかは・・・
あなた次第です><



tag

posted by MATTweb at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サポートロッドを使ってみる。

2015年09月02日

燃圧計、油圧計のダイレクトマウントゲージ

1-1/2”サイズのオイル入りプレッシャーゲージも入荷しています。


3.81cmφのミニゲージ

キャブレターの燃料ホース部に組んでいる燃圧計
単車等で油圧センサー部にダイレクトで油圧計を取り付ける
勿論、ホースで繋いでダッシュボードにメーターをセットしたり

と取り付け方は様々ですが・・・

センサータイプのゲージでは私も何度か計器狂いを経験したもので〜
その都度、機械式の圧力計に付け替えてきました。

信用度は高いですよね^^



今回入荷したのは
100psi油圧計 (3).JPG
100psi(7bar)タイプ、オイル入り

7kg/umaxですね。
主に油圧計として使います。
インジェクション車の燃圧計としてもこちらを選択下さい。

0-7kg

油圧は3`〜6`程度と思いますので7`あれば十分です。
通常リリーフバルブが開くのが4`?5`位だと思います。

私が乗っているmattweb号も4`以上は上がりませんし・・・
ビューエルは振り切ってしまいますけど?

まあエンジンとしての適性なオイル圧でしょう。

その適正値で針が真ん中あたりを指すので非常に見やすいと思います。

インジェクション車の燃料圧も4`〜6`位に設定される様ですので、ぴったりでしょう^^


もう一つ!!
15psi燃圧計 (2).JPG
こちらはシンプルに黒/白パネル、オイル入り
15psimaxですね。

15psi=約1kg/㎥

ですので、キャブレター車の燃圧計に適しています。
国産旧車やビートル等で0.25kg〜0.3kg程度
アメ車キャブで0.6kg程度の圧ですから1kあれば適正と思いますよ。

私はモデルA時代に水圧計として付けていましたが・・・
あまり意味は無いかな(-_-;)

0.9kのラジエターキャップであればこれを振り切ったら噴いていると言う感じで?
まあメーター沢山付けたい人は是非^^


両方ともブラックのパネルなのですが・・・
白パネルは良く見かける為、黒パネルで特注してもらいました。
車のイメージに合わせられますよ^^



裏は
15psi燃圧計 (3).JPG
こうです。
フィッティングは1/8"ですのでセンサーネジ径と同じです。
センサー穴にダイレクトで付けられます。
又、黒い蓋の様なものがありますが、油面位置が気に入らない方は・・・
ここからオイルを入れられます。
私の主観ですがエアーツールオイル辺りが良いのでは?と思います。
無色で粘土もその位かな?
15psi燃圧計 (4).JPG



入荷したばかりですので、私も使用した画像は無いですが・・・
他社製品を取り付けている事例は多々あります。
サイズ、役割は同じですのでご参考までに実績を下記に・・・

尚、パネル内にオイル入りとオイル無が出てきます。
オイルありの方が針ブレが少なくて見やすいと思いますし、針の脱落も防げます。

15.05.05ビューエルに油圧計 (5).JPG
ビューエルにダイレクトマウントした時の画像です。
油圧センサーを外しまして

15.05.05ビューエルに油圧計 (11).JPG
こんな感じ^^
運転中は見れません(-_-;)
これは油圧計です。

09.03.24水圧メータ・水温センサ仮置.JPG
こちらはモデルAの水温センサー横に付けてみた水圧計として使用した例
まあインパネに付けるならともかく・・・
水圧を見る用途でエンジンにダイレクトマウントしても・・・
じゃあラジエターキャップ見ろよ!!と言う事になりますね(^_^;)

単なるオシャレです><

普通は燃圧計ですよね〜


1 008.JPG
これは燃圧計として付けたもの
オイルも入っていないし、レンズが薄いプラなのでペコペコなヤツ
でも安価でしたので^^

燃圧はまあセッティング時位しか見る時無いので・・・
エンジンルームでも問題ないかと?


10.12.29オイルプレッシャーセンサー (4).JPG
さて
mattweb号には最初、電気式プレッシャーゲージが付いていました。
針がチョコチョコしか動かなく・・・
本当に圧が無いのか?壊れているのか?と言う事で・・・
センサーを変えましたが変わらず(-_-;)

ゲージが壊れているんだと考え

11.10.29油圧計を機械式に変更 (7).JPG
フィッティング部に耐油、耐圧ホースを接続し〜

11.10.29油圧計を機械式に変更 (6).JPG
エンジンルームからダッシュパネル裏まで通しまして

11.10.29油圧計を機械式に変更.JPG
ゲージにもフィッティングを組みまして〜

11.10.29油圧計を機械式に変更 (2).JPG
室内からちゃんと見れます^^

11.01.31ダッジスイッチ類.JPG
ダッジバンの時も機械式に変更

14.11.30水圧計 (6).JPG
TAGRODでは多用しています。


メーター沢山あるとメカっぽくて良いですよね^^
実用的にも勿論、オシャレとしても良いですよ〜


mattwebのエンジン関連パーツカテゴリーです。


tag


posted by MATTweb at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 燃圧・油圧計

2015年09月03日

mattwebとしてはこういうのを扱いたい^^ ディーゼル用タコメーター

mattwebとしましては・・・
余所とは一風変わった商品を取りそろえたいと考えますが・・・

需要が無さ過ぎても困ります><


ですが・・・
毎回調達時には1つはそういうのが有っても良いのでは?
と思って〜

これを続けて行けばラインナップも面白くなるかな?



と言う事で、私自身はディーゼル車は会社のトラックしか乗った事が無く・・・
近年ではそのトラックもガソリン車でした(-_-;)

なので付け方のご相談には乗れないと思います><


ディーゼルタコ6000 (4).JPG
ディーゼル車用タコメーター〜^^
0−6000rpm

パネルにも「DIESEL」も文字


ディーゼル車は全く解らないので・・・
仕入れ前にメーカーと色々話するも

@ガソリン車用のタコメーターはディーゼルには使えません。
A信号の取り方が異なります。
Bディーゼル用のタコメーターをガソリン車に使う事もデキません。

と言う事しか解らなかった(-_-;)


ガソリン車はプラグへ飛ばすスパークの回数を読み取ります。
1気筒〜8気筒まで切り替えタイプや固定タイプがありますが〜

クランク1周(デスビ一周)で何気筒なのか?ってだけの話ですよね?
信号線と言われる線をデスビの信号線、又はアース線に接続
もしくはコイルのアース線(プラス電源から取るタイプもある様です。)
MSD等の装着車はMSD本体の信号線に1本繋ぐ・・・

大抵3本線が出ており、電源、アース、信号線の3本
イルミネーションで別途2本、電源とアース


なのですが

ディーゼルは?

そもそもプラグがないですもんね(^_^;)
圧縮した混合気を発熱→着火と言う感じで点火します。
プラグの代わりにグローがありますので同じなんじゃないかと思うんだけど・・・


ディーゼルタコ6000 (3).JPG
3本ですね〜
緑が信号線です。

この信号線をどこに繋ぐのかは私、申し訳ないですが解りません><
コンピューターの信号線・・・等と書いてある記事も見かけますが
車によって違う物と思います。


まあ
付かない事は無いでしょう^^
電源、アース、信号線
ってシンプルな構造は変わりませんので!!

ディーゼルタコ6000 (2).JPG
この商品は
4気筒、6気筒、8気筒
の切り替えタイプ

ディーゼルタコ6000 (1).JPG
メータースタンドも付属
簡単な取説も入っています。
スタンド用の両面テープと・・・ネジ固定用のネジ

スタンドは使わなくても大丈夫です。
取り外せますので〜


サイズは52φ

ブラックのパネルです。

ディーゼルタコ6000 (5).JPG

ディーゼルタコ6000 (7).JPG
解ります?

ディーゼルタコ6000 (8).JPG
サイズです^^

ディーゼルタコ6000 (9).JPG
なにか調整出来る様です。

ディーゼルタコ6000 (6).JPG




どうでしょう^^
商品ページです↑


tag

posted by MATTweb at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メーターorゲージのご案内
最近のコメント
日本上陸!!
高性能でカッコいい
エアーツールなら
マイティセブン!!

mattwebバナー4
↑ここをクリック!!
カーパーツもあるよ^^


トナー.インクや
電動工具バッテリー
ビルメン用具バッテリー
消耗品の事なら!!

安田大セールスバナー
↑ここをクリック!!

MATTWEBスタッフのヤフオク出品
出品中の商品はこちら
にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村