2013年11月13日

オイルリターンパイプを組む

本日はオイルリターンについて

ターボキットなので・・・
違う車種に取り付けると言ってもエキパイ部をやってしまえば後はポンポン組んでいけば良い・・・

組んだ後のセッティングが一番面倒でしょうが、今回キャブターボなんで〜
いざとなればキャブに接続しているパイピングを取ってしまえばただのキャブ車^^

何もビビる事は無いぜ^^
なので皆さんつけましょう!!

オイルリターンに関係ないですが・・・↓
13.07.13マフラーステー取り外し (2).JPG
まず、マフラーステーがご丁寧に付属しています。
アルミ製でイカしていますが・・・今回は要らないので外しちゃいます。




13.07.15ターボオイルライン (2).JPG

お次は本題のオイルリターンのオイルラインを組んでいく。
画像はオイルパンの下側、ドレンボルト部

タービンに送り込まれたオイル(加圧された状態)がタービンを通った後自然落下していき、オイルパンに戻す・・・
なので、タービンへ送る時は細いオイルラインで油圧が掛かっていますが、タービン下からはそれよりも太いラインで落としてやらないとなりません。

同じ太さ、又は細いと・・・加圧され、投入されたオイルが行き場を無くし、タービンから漏れ出す・・・
すると排気に混ざり「白煙」を吹く。

タービンが壊れる。摩耗する。等で見られる状態と同じになり「故障か?」と勘違いする事も多い様なので注意ですよ^^
なのでタービンはオイルパンより上に設置し。。。オイルパンへ戻すのが一番いいと思います。

車等ではオイルパン上部に穴をあけ、フィッティング取り付けしたりしますが、今回はドレンボルトにフィッティング付けて戻します。
ですが〜><何だか出っ張りがあってL字フィッティングが回せないぞ?

13.07.15ターボオイルライン (4).JPG

出っ張りはカットします!!

13.07.15ターボオイルライン (5).JPG

こんな感じ^^

1 002.JPG

タービン側のフィッティングは付属しています。
タービン下に出ていますので。

13.07.15ターボオイルライン (7).JPG

なるべく太いラインで戻します。
美観を損ねないレベルで^^

画像ではエキマニに触ってしまう感じになっているので、対策が必要ですね〜


http://www.mattweb.jp/moto_parts/index.php?b_cate=min&m_cate=stb
mattwebミニバイクターボキット販売中

TAG

posted by MATTweb at 10:54| Comment(0) | ターボキットを組んでみる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
mattweb.jp
マットウェブ、ツール&パーツショップ!!

logo(小)
↑ここをクリック!!
エアーツール・ガレージツール・カーパーツ・アパレル・オリジナル商品も^^

代引・振込・カード決済OK

mattweb.jp
マットウェブ、フィッシング&アウトドアグッズ

アウトドアロゴB
↑ここをクリック!!
釣り具やアウトドア用品等も始めました!

代引・振込・カード決済OK

トナー.インクや電動工具修理からバッテリー再生まで!!
あらゆる充電式バッテリー、消耗品の事なら!!

安田大セールス
↑ここをクリック!!
カード決済OK

mattwebヤフーストア!!売っているものは・・・同じです(-_-;)
ヤフーストア
↑ここをクリック!!
フィッシンググッズ・ガレージグッズ・メカニックグッズ・アウトドアグッズ等々^^



ヤフオク出品中

yafuoku_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


ヤフオク出品中

mig_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


ヤフオク出品中

mig_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村