2014年06月20日

アエルマッキのヘッドライト続き〜

昨日の続きです^^

早速家に帰った後、レトロなヘッドライトにLEDを組んでみた!!


まずは元の「暗いぜ」と言っていたものの画像を
アエルマッキライト加工 (4).JPG
解ります?

アエルマッキライト加工 (3).JPG
オレンジの光ですね〜

アエルマッキライト加工 (5).JPG
壁を照らしてもこんな感じ><

アエルマッキライト加工 (2).JPG
昔ながらの電球タイプ!!

こんな風に写真が撮れるって時点で暗いの解りますよね?


1 037.JPG
このLEDライト(加工品)を〜

14.06.15このライトに変更?.JPG
このレトロなヘッドライトに

アエルマッキライト加工 (6).JPG
ちょい広げて・・・

アエルマッキライト加工 (7).JPG
ぶち込む!!!!


アエルマッキライト加工 (8).JPG
こうなりました^^

アエルマッキライト加工 (9).JPG
レンズも組んだらこうです^^

アエルマッキライト加工 (11).JPG
早速バッテリーに繋いでみたが?
おや?明るすぎないか(^_^;)?
しかもとてもスポットだな〜><

アエルマッキライト加工 (12).JPG
正面から写してみたが〜
これじゃあ前の車に迷惑だよな(-_-;)
直視したら目が潰れちゃうよ!!


アエルマッキライト加工 (14).JPG
このレンズ、魚眼レンズ〜なんて言ってましたがかなりの集光レンズなのかな?
明るくて良いのだが・・・

ヘッドライトには向いてない><

丁度真ん中を見れないように黒い丸シールなんかを貼ってみたが今度は光が反射せず
暗い感じ・・・

うーむ、なかなかうまくないぞ?

アエルマッキライト加工 (20).JPG
何だか惜しい気がするがこのレンズ外してみるか?
もしくは逆反射板の様なもの付けてみるかな?

うーん

アエルマッキライト加工 (1).JPG
とりあえず点けてない状態

アエルマッキライト加工 (16).JPG
レンズ付きで照射

アエルマッキライト加工 (17).JPG
レンズなしで照射

おお、良い感じじゃない?^^

アエルマッキライト加工 (13).JPG
レンズ外した状態で正面から写したところ・・・

ふむ。
明るいが目に差し込むような光ではないな・・・
丁度中心を直視すれば別だが。

真正面で近い位置でガン見しなければ大丈夫かな?


と、今日はヘッドライトに組んだところで終了^^

posted by MATTweb at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分でやるって面白い

2014年06月22日

板金作業

車をいじると言ってもどの程度?と言うところではありますが、部品を買ってきて着けるのも車弄りだし、エンジンをチューニングするのも車弄り…

ですが、自分で多少でも作業する人は大抵「出来れば全部自分で出来たらな〜」とは思っているでしょう?(^_^;)多分…


買ってきた部品を付けるのもその車種用のがあれば良いけど、ない場合は?
加工が必要だったり…そもそも一から作らないとかも。
バイク弄っている人の方がそういう事多いかもね(^_^;)

あ〜、ここに穴開けたい!!ドリルボール盤有ったらな〜><
ん〜、ここを削りたいな〜(・ε・` )サンダー欲しいな〜

等から始まり、工具に触れることとなるでしょう^^
そこから?

あ〜、旋盤有ったらあんなこと出来るのにな〜(・ε・` )
ん〜、溶接機あれば、もっとかっこ良く作れるのにな〜(^_^;)

等に発展したらもう止まらないね!?


私もその1人なんですが…
色々な作業、加工をしている場面を目にすることが出来れば試行錯誤も含めて
何とか真似もすることができるが…
溶接作業って殆んど見る機会も無かったし…
本読んでも良くわからないし〜(・ε・` )



でね。
未だに良くわからないのが板金。

ウィキで調べると…
板金とは「薄い鉄の板」

鉄板では?とも思うが確かにそうだね(-_-;)

板金溶接って言えばいいのかな?

その板金溶接、何が正しくて何が間違いなのかの定義ってあるのかな?
薄い鉄板を溶接出来ればそれでいいものなのか?
いや、こうやってこそ板金溶接と言うのだ!!とか…

それが判らないと、自分がやっていることが我流なのか?
もしかして単なる手抜きなのか…
わかりませんよね〜(^_^;)

ですが、ネットで検索してみると皆さん綺麗にやってますよね?
こういうもんなのか?とてつもなく手間掛けたから画像載せたのか?

どこを見ても私と同じようにやっている人がいない…
何故だ!!(゜ロ゜)
1人ぐらい居てもいいと思うが?

ボディ内側は外で作業 (43).JPG
こんな感じの(^_^;)
ボディ内側は外で作業 (36).JPG
こんなやり方

ネットで見ると…
ガソリンタンクだと思うけど…
sp_thumbnail.jpg
綺麗にやってますよね
まあタンクだから裏側汚いって訳いかないし、
小さければそれなりにやり易いでしょうが…

でも大変だよな〜(´・ω・`)




何が言いたいのか解らなくなって来ましたが、要するに
板金溶接にはうまい下手は有るでしょうけど、手法は色々あるのかな?
って話です。

叩く、伸ばすも含めて板金なのでしょうが、音の出せない所での作業手法
って無いのかな?と…

結局、良くわからない話になってしまいました><

Tag

タグ:板金 溶接
posted by MATTweb at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分でやるって面白い

2014年07月03日

ビートルエンジンのオイル取り出し

今日は〜

VWエンジン(昔の^^)

ビートルエンジンって言うの?
ワーゲン空冷エンジンって言うの?

のオイル取り出しについて!!
まあ私の経験上になりますし、やっていることが正しいかは解りませんが(-_-;)

ビートルエンジンを弄る時、やはり最初に思うのは「油温」ですよね?
空冷のエンジンなのだからオイルと風で冷やすでしょう。

冷やす為には・・・
オイル量を増やしたい!!
風が通るようにしたい!!
オイルクーラー付けたい!!

等、色々考えますよね^^


08.12.23エンジン下.JPG
いきなり画像ぼけてますが・・・
VWエンジンのオイルポンプはココにあります。

08.12.26オイルプレッシャー部.JPG
この蓋を開けるとトロコイド式のオイルポンプが見える

09.09.04オイルポンプ組付.JPG
アフターパーツのオイルポンプにすでに変わってしまっている画像ですが・・・
こういう感じ^^
で、吸い上げたオイルは赤線のオイルラインを通ってクランク→オイルクーラー→カムの方に送られていき
プッシュロッドが通っているパイプを通過し、オイルパンへ戻る・・・

09.09.04 オイルパン (5).JPG
ちょいカスタムされてしまっていますがエンジン裏

大きな円がオイルストレーナー、ドレンボルトです。
エンジンフィンの所に出ている各4本のパイプがプッシュロッドカバー

09.09.04 オイルパン (3).JPG
ストレーナーを外すとこんな感じ
中央のパイプからオイルを吸い上げているんですね。

09.08.19 3リベットカム.JPG
オイルポンプを外したところですが・・・
カムのギアと連動してポンプを回しています。

09.08.19強化オイルポンプ.JPG
右がノーマルポンプ
左がハイキャパシティのオイルポンプ

こういう部品も出ていますね。
カムの3リベット、4リベットで形状違う様なので注意です。
まあ、当たるところ削れば何とかなるけどね^^


さあ、オイルの取り出しについてですが〜
何通りかの方法があるようです。

まず方法@
09.01.11エンジンレストア前.JPG
私の乗っていたワーゲントライクに着いてたエンジンですが・・・
純正のオイルポンプカバーを加工した手作り感満載のオイル取り出し口
水道管工事等に使うパイプジョイントをパテで固めてありますね(-_-;)

丁度、オイルが押されて出る部分に穴を開けて取り出しています。
08.12.04トライクエンジン (2).JPG
取り出すだけじゃあだめなので
オイルエレメントを一度通し、赤矢印の所に戻しています。
冒頭に書いたオイルの通り道に戻せば大丈夫って事ですね。
配線が邪魔で見えなくてすみません><

取り出してさえしまえばオイルクーラーへつないだり、エレメントに繋いだりと
どうにでも出来ますね。

方法A
09.08.24フルフローポンプ購入.JPG
こういったパーツも売られています。
オイルフィルターを後付できるものですね。
ポンプもそれ用です。
オイルの通し方が違うのでポンプも専用なんですね〜

09.09.04オイルポンプ組付・オイル充填.JPG
こんな感じで装着できるのですが・・・
赤矢印はエレメント

ビートルエンジンはストレーナー(金属のメッシュ)で大きなゴミをポンプに行かないようせき止める
フィルター?が付いていますが・・・
大して役には立ってません。ザルの様な部品です。

後付でエレメント付ければ細かい金属粉も取れるし・・・
何と言っても250cc〜500cc位オイル増量できるんで冷却効果も得られます。
エレメント自体での放熱効果も期待出来ますよね?

私としましては^^
ここの黄色い矢印部分にmattwebのオイルサンドブロックを噛ませてもらい、オイルクーラーまで引っ張って
貰えると〜良いですよ^^と思ったりします。

ですがオイルクーラーは別な所にありますよね?
ファンシュラウドの中

その当時、画期的ですよね〜
何ともすべての効率を考えた無駄のない作りです。
ファンとオイルクーラー、シュラウド内に入れ・・・フィンまで冷やす><
オルタネーター(ダイナモ)を回しつつファンを回す等・・・もそうだし
ファンシュラウドのファンがちょい右寄りなのもオイルクーラーの熱分熱くなる左に多く風を送る為等〜

素晴らしい!!
ですがちょっと効率求め過ぎでは?(^_^;)とも思っちゃいます。

だからこそ弄りがいがあるし楽しいんですよね〜

09.04.26エンジンチン外し.JPG
シュラウドを取った状態
純正オイルクーラーはこれです。(白矢印)

09.01.22NEWエンジン到着 (2).JPG
黒矢印の所
増量タイプが付いていますが、シュラウド内にこうやってついています。

09.08.03 1600エンジン洗浄後.JPG
全て外すと、こんな感じですが
ここにオイルクーラー着いていたんですね。

ここから取り出して後付オイルクーラーにすることも出来ます。
09.09.09 1600エンジン.JPG
こうなっているので


方法B
09.04.26オイルクーラー交換 (2).JPG
こういうパーツ付けてホースで引きます。

09.03.02ファンシュラウド (4).jpg
なのでアフターで売られているシュラウドはこういう逃げが作ってありますよね?


方法C
09.02.01ポンプ部やり直し (2).JPG
またポンプ部に戻りますが〜
こういう取り出し部品が売っています。

これならエレメントでもクーラーでもなんでも着きますよね
便利な部品です。
アルミなんで・・・フィッティング締めすぎると割れちゃいますから注意です><



残念ながら多くはmattweb商品ではありませんが・・・
mattwebのサンドブロックとか・・・フィッティングとか・・・オイルホースとか・・・
色々VWにも活用いただけるものがあるんでよろしくです^^

こういう作業も〜
m7エアーツールがあると楽ちんですよ^^



tag
posted by MATTweb at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分でやるって面白い
最近のコメント
mattweb.jp
マットウェブ、ツール&パーツショップ!!

logo(小)
↑ここをクリック!!
エアーツール・ガレージツール・カーパーツ・アパレル・オリジナル商品も^^

代引・振込・カード決済OK

mattweb.jp
マットウェブ、フィッシング&アウトドアグッズ

アウトドアロゴB
↑ここをクリック!!
釣り具やアウトドア用品等も始めました!

代引・振込・カード決済OK

トナー.インクや電動工具修理からバッテリー再生まで!!
あらゆる充電式バッテリー、消耗品の事なら!!

安田大セールス
↑ここをクリック!!
カード決済OK

mattwebヤフーストア!!売っているものは・・・同じです(-_-;)
ヤフーストア
↑ここをクリック!!
フィッシンググッズ・ガレージグッズ・メカニックグッズ・アウトドアグッズ等々^^



ヤフオク出品中

yafuoku_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


ヤフオク出品中

mig_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


ヤフオク出品中

mig_R.jpg
↑ここをクリック!!
ヤフオクでももMATTWEB^^


にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村